ホーム > ブログニュース一覧 > 東みのわ保育園:フッ化物洗口

東みのわ保育園:フッ化物洗口

admin (2019年08月08日 16:42)

箕輪町の乳幼児から中学生においては長野県の中でも、う歯保有率が高いので、予防の一環としてフッ化物洗口を町内3つの園(沢保育園・三日町保育園・東みのわ保育園)がモデル園となり取り組んでいます。
20190808-0401.JPG
これが1回分のフッ化物洗口液です。昼食後の歯磨きの後に行います。
20190808-0402.JPG
町の歯科衛生士が配布した絵を見て、1つの絵に描いてあるぶくぶく運動を10秒ずつ行います。
20190808-0403.JPG
グループごとにフッ化物洗口液を取りに来ます。
20190808-0404.JPG
まずは前を向いてぶくぶく。
20190808-0405.JPG
右を向いてぶくぶく。
20190808-0406.JPG
左を向いてぶくぶく。
20190808-0407.JPG
下を向いてぶくぶく。
20190808-0408.JPG
終わったら容器を返して・・・
20190808-0409.JPG
水道の所で洗口液を吐き出したら終了です。

 
ページトップ