ホームひと味ちがう箕輪の子ども > 柳澤先生に聞いてみよう!

柳澤先生に聞いてみよう!

柳澤先生にお聞きします ~柳沢運動プログラムって何ですか?~


yanagisawa_img.JPG
柳 澤 秋 孝 先生

 松本短期大学教授 35年に亘り幼児期の子ども1万人以上に運動遊びを直接指導する。
  • 楽しくなければ運動じゃない!
     幼児期の動的な遊びは、心と身体の発達にかかせません。子ども達に遊びを通して身体を動かすことを好きになってもらいたいと自ら考案した体系的なプログラムです。
  • 「上手!」「よくできたね!」
     たくさん褒め、共感することが子どもをやる気にします。また、目標の種目は「できる」「できない」がはっきりわかる種目にすることで、できたときに大きな喜びと、達成感を味わえます。
  • 3つのチカラ
     日常生活では使われにくい、支持力(腕で支える力)、跳躍力(両足でジャンプする力)、懸垂力(引きつける力)の3つの力を培うことを中心に遊びを構成しています。
  • 発達に合わせた遊び
     できたからすぐ次の段階に・・・ではなく、発達の段階に合わせた遊びの提供が大切です。無理なく段階に合わせた遊びに取り組むことで、年長さんには「側転」「逆上がり」「縄跳びの連続とび」「とび箱の開脚跳びこし」ができるようになります。(※下表参照)
unndou_ex.JPG

このページに関するお問い合わせ先

部 署 名
子ども未来課 子育て支援係

電 話 番 号


0265-79-3111
FAX番号
0265-79-0230
住   所
〒399-4695 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪10298番地
メ ー ル
▲ページの先頭へ
 
ページトップ